スポンサーリンク

車の正月飾りをつける時期はいつからいつまで?家でできる処分方法もチェック

こんにちは、NELです。

新年を迎える準備は、大掃除におせちの準備、鏡餅を飾って…と何かと忙しいですよね。

そして、ちょっと見かける機会は減っていますが、交通安全を願って、車にも正月飾りをつける風習があるんです。

それはぜひつけないと!と思うんですが

「車って他の人に見られる機会も多いし、どのタイミングでつければ浮かずに済むんだろ…?」

これが不安でなんとなーく飾れずにいたんですよね…

今回、車の正月飾りを飾る時期について調べてみたところ、

  • 12月26日から28日までに飾るのがよいとされている
  • ベストは末広がりで縁起のいい12月28日
  • 12月29日・31日には飾らない方がいい
  • 正月飾りは松の内まで飾る
  • 関東・九州など広い地域では1月7日までが一般的
  • 関西では1月15日までというところが多い
  • 正月飾りの処分は、神社などのどんど焼き・お焚き上げでするとよい

ということが分かりました!

ご家庭でできる正月飾りを外した後の処分方法もご紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね!


車の正月飾りをつける期間はいつから?

車に限らず、正月飾りは12月13日から12月28日までに飾るのが一般的。

その中でも12月28日がベストです。

12月13日は「正月事始め」と呼ばれ、正月に飾る松を山に取りに行く日とされていました。

そこから少しづつ正月準備を始めていたワケですね。

でも、最近では11月末くらいからクリスマスムードが漂っていて、12月にはもうクリスマス一色です。

玄関口にリースやツリーを飾っているご家庭もあるため、クリスマスが終わった12月26日以降に正月飾りを飾るということが多くなっています。

12月29日・31日には正月飾りをするのを避けるべき

12月28日をベストとするのは、他にも理由があります。

よく日本の風習で”9”のことを「九」=「苦」と例えて避けることがありますよね。

12月29日は、2も重なっていることから「二重苦」といわれ、その日に正月飾りを飾るのは縁起が悪いとされています。

そして12月31日に飾ると、新年まで1日しかありません。

これを「一夜飾り」といい、葬儀の飾りと同じになってしまうためこれまた縁起が悪いといわれているのです。

神様がやってくるのは12月31日の日没後といわれているので「あまりにも直前すぎて神様に失礼」なんて説もありますね。

また、12月30日も旧暦の大晦日にあたるとされるので避けるべき、という方もいらっしゃいます。

なので、こういった最近のイベント事情や縁起担ぎを考えると、

  • クリスマスも終わった12月26日から12月28日までに正月飾りを飾るのがよい
  • ”九”とは逆に、末広がりで縁起のいい”八”の字が含まれている12月28日がベスト

ということになります。


車の正月飾りをつける期間は地域によって違う

正月飾りは、松の内まで飾ります。

松の内=正月飾りを飾る期間ですが、ほとんどが1月7日もしくは1月15日のどちらか。

別れているのは、松の内の期間に地域性があるためです。

関東や九州など広い地域では、正月飾りを飾る期間は1月7日までというのが一般的。

これは、江戸時代に将軍が亡くなった命日が関係していて、江戸を中心に「松の内は1月7日までにしとこうぜ!」的なお達しがあったためです。

しかしそれまでは元々、小正月にあたる1月15日までを松の内とするのが全国的にメジャーでした。

そして、関西を中心としたエリアは、お達しの影響が弱かったためそのまま1月15日の風習が残ったといわれています。


スポンサードリンク

車にはどんな正月飾りがいいの?オススメの車用正月飾り

車の正月飾りといえば、以前は車のバンパーやグリルといった車の前面にしめ縄をつけているのが一般的でした。

そもそも正月飾りは神様をお招きする目印みたいなものなので、目立つようにしていたってことなんでしょう。

しかし現在はコンパクトカーが流行っていることもあり、正月飾りを車の前面に飾るのはちょっと難しくなってきている様子…

そのため、車内のダッシュボード上などのスペースに正月飾りをつける車が増えてきています。

こんなタイプですね。

吸盤で取り付けられる上に手のひらサイズなので、車内に飾っても運転の邪魔になりません。

車内なら万が一外れてしまっても安心ですし、吸盤で取り付けがカンタンなのが嬉しいです。

こちらはモダンでポップなデザインなので、女性にもオススメです!!

もし車の外側に正月飾りをつけるときには、しっかりと固定して走行中などに飾りが落ちないようにしましょう。


車に正月飾りを飾った後の処分はお焚き上げ

松の内が終わって正月飾りを外したら、「どんど焼き」(どんどん焼き)やお焚きあげといわれる火祭りで処分するのが正しい処分方法です。

どんど焼きやお焚きあげは、神社やお住まいの地域の行事として行われており

  • 1月8日(関東)
  • 1月14日もしくは15日(関西)

に催されることが多いです。

地域によって日にちが違ったり、催される場所が限られていたりするので、お住まいの地域の神社や行政のホームページをチェックするようにしましょう。

車の正月飾りを自分で処分するときには

どんど焼きやお焚きあげは、お迎えした神様を空へお送りするという意味を持っています。

そのため、燃えるゴミとして捨てるのは罰当たりでNGなんですが…

年明け早々から忙しい方、時間の都合やエリアの問題でどうしても予定が合わない方もいるのではないでしょうか?

そんな方は家で処分するか後日神社に持っていくか、いづれかの方法で処分しましょう。

家で処分する場合は、焼くとご近所迷惑になってしまう可能性もあるので次のように処分します。

家で車の正月飾りを処分する方法

1.白い紙で正月飾りを包む

2.塩をまいてお清めする

3.正月飾りだけをゴミ袋に入れて出す

手を合わせて、神様に一年の交通安全を祈願したり、来ていただいたことに感謝したりしてお清めするといいです。

神様の目印として使う神聖なものなので、他のゴミといっしょくたにしないようにしましょうね。


まとめ

今回は、車の正月飾りを飾る時期や処分する時期についてご紹介しました。

  • 正月飾りは、12月26日から28日までに飾るのがよいとされている
  • ベストは末広がりで縁起のいい12月28日
  • 12月29日・31日には飾らない方がいい
  • 正月飾りは松の内まで飾る
  • 関東・九州など広い地域では1月7日までが一般的
  • 関西では1月15日までというところが多い
  • 正月飾りの処分は、神社などのどんど焼き・お焚き上げでするとよい

というのが、正月飾りの時期についての要点でした。

車につける正月飾りには、交通安全を祈願する意味がこめられています。

12月28日といえば、年末の忙しさもMAXでバタバタしがちですよね。

でもせっかくなので、縁起を担いで正月飾りをして、気持ちよく新年を迎えられてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました